jp

STEM

STEM:4つの学問分野

STEMとは、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学「Maths」、この4つの学問分野の頭文字からなる用語です。この用語は、1990年にアメリカ国立科学財団が1つの学際的な教育方法を定義するために用いました。その教育方法とは、4つの学問分野について互いの関係性を強調しながら学習させるため、日常生活において各分野がどのように共存しているか、その実際の様子を示して見せるというものです。ゲオマグのような知育玩具をSTEM教材として利用することは、低年齢におけるこの教育方法の実践を支援するものとなっています。

この考え方をさらに発展させるとしたら、それは芸術(Art)の頭文字Aを加えることかもしれません。その分野は、磁石を用いた創作活動を促すゲオマグ・コアを通じて、これまでも実践してきたものです。

STEM教育としての知育玩具の効果

STEM教材としての知育玩具の条件

• 4つのうち少なくとも1つの分野と関連していること。4つすべての異なる分野を包括するものならば、それは最も効果的な知育玩具であると言えます。

• 遊びの目的が明確であること、そしてその目的を達成するための解決方法にはいくつもの可能性があること。

• iすべての遊具がそうであるように、愉快で楽しいものであること。

 

STEM教材としての知育玩具の利点

STEM教材としての知育玩具には、主に4つの強みがあります。

柔軟な思考力

子どもたちは、様々な解決手法の研究を通して、問題解決能力を開発します。

創造性

子どもたちは、自らの想像力を活用して、問題に対するユニークな解決方法を発見します。

手と眼のつながり

子どもたちは、STEM教育におけるこれら本質的な能力をさらに高めていきます。

空間的思考力と世界観

子どもたちは、物体の関係性を認識して頭の中で取り扱うことができます。二次元・三次元で物体をイメージする能力です。

TOP